静岡の日本茶、トクホ・健康茶の通販 佐藤園

インタビュー

第一印象を好印象にして、「また逢いたい」と思われる 人になるための外見と内面、両方の輝かせ方を教える『魅力学』をご自宅のサロンで主宰する永江理恵さん。サロンだけではなく、ホテルなど大きな会場でパーティーを主催することも。おもてなしの達人でいらっしゃる永江さんにお話を伺いました。

――まさに『魅力学』を体現するパワフル&ビューティーでいらっしゃる永江さん、海外赴任から戻ってきたご主人とお二人の生活だと伺いましたが?
【永江理恵】主人が仕事でシンガポールに駐在していて、私は日本での仕事があるので離れられず、東京と福岡にある魅力学のサロンと主人のいるシンガポールを行ったり来たりする生活が3年ほど続いていました。今年の初めに駐在がとけて主人は日本に戻ってきたのですが、今度は私の講演活動が増えて、日本中を飛び回っています。

――忙しくされているのですね。でも、お仕事柄、疲れを顔に出すわけにはいきませんよね?どのようにリフレッシュしているのでしょう。
【永江理恵】一番はお風呂です。キャンドルを灯して今日一日を振り返ったり、呼吸を整えて瞑想することでリセットします。それから半身浴をしながら本を読みます。主にはビジネス書や人間学の本です。お風呂以外だとヨガもいいですね。自分の心と身体を見つめて愛おしんであげることは大切です。

――お休みの日はどんなふうに過ごしているのでしょう。
【永江理恵】まとまったお休みがとれればぱっと海外旅行に出かけます。そうでなければショッピング。短時間でも気分転換になります。あと、お気に入りのソファーでとっておきのお茶を飲みながら本を読みます。

永江理恵2

――お茶はどんなものを召し上がりますか?
【永江理恵】気分にあわせて紅茶や日本茶をセレクトします。子供の頃、夏休みに祖母を訪ねると手作りのどくだみ茶を振舞ってくれたのがお茶との出会いです。ちょっとクセのあるあの味が大好きで忘れられません。今でも香ばしい麦茶やほうじ茶が大好きです。こちらのお茶(安倍の金峰を淹れていただきました)もとっても美味しいです。生徒さんが帰った後一人になって一息つくときにも日本茶をいただきます。日本茶の香りが休憩の合図になって切り替えができますし、ほっとします。

――日本茶でおもてなしされることもありますか?
【永江理恵】もちろんです!毎月講座があるので、桃の節句や七夕など日本の四季折々の行事にあわせてまずお菓子を決めて、お菓子にあう日本茶をセレクトしてテーブルセッティングしておもてなしします。

永江理恵3

――お菓子を軸に決められるのですね。たしかにこちらのお菓子には目が釘付けでした。それにティーポットから日本茶が出てきたのには驚きました。お持ちした日本茶を淹れていただくはずなのにどうしたのかしらと思っていたらティーポットから(笑)。今日はどんな趣向ですか?
【永江理恵】驚いたでしょう?普段はもちろん急須でいれますが、こうしたサプライズもおもてなしのひとつの要素です。固定観念にとらわれず、和と洋を組み合わせたテーブルセッティングやお菓子、お茶の組み合わせを魅力学では提唱しています。お菓子はお顔を浮かべて喜んでいただけそうなものを探しました。

――はい。大喜びです!気持ちが伝わってきました。
【永江理恵】お金をかければなんでもできますが、大切なのは心を尽くすことです。秋になると松ぼっくりや落ち葉を拾いに公園に行ったりします。200円、300円も出せば買えますが、おもてなしさせていただく方の顔を思い浮かべながら探すのは幸せで贅沢な時間の過ごし方です。

――永江さん流おもてなしの極意を教えていただけますか?
【永江理恵】お客様が五感で楽しんでいただけるよう心がけることです。目に入るもの、口に入るものだけではなく音楽や香り、触覚も大切です。準備の仕上げに椅子の座り心地やスリッパの履き心地を確かめています。

永江理恵4

――日本茶をつかったおもてなしでやってみたいことはありますか?
【永江理恵】茶香炉が気になっています。日本茶の香りって温かい気持ちにさせてくれますよね。おもてなしにも取り入れてみたいです。それとフレーバーティーもお出しすると皆さん驚いて喜んでくださるのでもっといろいろ試してみたいと思っています。

――最後に永江さんの夢を聞かせていただけますか?
【永江理恵】明日も幸せに生きていることが私の夢です。20代で難病にかかってからは明日生きていられるかどうかわからない人生を歩んでいます。ですから一日一日を悔いの無いよう全力で生きています。シンガポールに行っていたときは、日本を懐かしむ主人に日本茶を淹れてあげていたものですが、ここのところすっかりバタついていたので、二人でのんびりお茶を飲む、そんななにげない幸せを大切にしたいと思います。

――ありがとうございました。お体を大切に、ますます魅力的に輝いてください。
(聞き手:日本茶アンバサダー 満木葉子)

profile_nagae
永江理恵さんのプロフィール
「魅力学」主宰。「R.GLOW」代表取締役社長。

モデル・美容業界・エアライン専門学校講師を経て、現在は内面から輝く女性を応援する会社「R.GLOW」社長。モデル時代に培ったファッションセンス・ファッションコーディネート術・エレガントな身のこなしや美容業界で培ったメイク術やヘアスタイル術を活かして魅力学講師として活躍中。パワフルだけではダメ、エレガントだけでもダメ、その両方を兼ね備えた魅力的な人に変身させ、内面美/外見美をトータル的に指南。難病でありながら、精力的に講演活動を行う、究極のポジティブ思考。
profile_mitsuki
ライタープロフィール
満木 葉子(みつき ようこ)
日本茶アンバサダー協会代表理事

神戸に生まれ鹿児島で育つ。立教大学を卒業後、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社ほか複数の大手企業勤務を経験後、日本茶のファンを増やすため日本茶アンバサダー協会を設立。現代のライフスタイルにあわせた日本茶の楽しみ方の提案、普及活動を行う。抹茶の点て方レッスンや日本茶の淹れ方教室、茶摘みなどイベントを開催。茶園や酒造会社、飲食店と組んで日本茶に親しむ機会を創出。
日本茶専門の口コミポータルサイト「ENJOY!日本茶」を運営。
http://www.nihoncha.org/

新着記事


おすすめ記事

コラムをもっと読む