静岡の日本茶、トクホ・健康茶の通販 佐藤園

レシピ

おいしそうな名前!?

元日の朝一番、起きて食事の準備をする前に、一年間の無病息災や家内安全を祈願しながらお茶を飲む習わしがあります。その名を「大福茶」。なんとも幸せな、しかも美味しそうな漢字が並んでいますね。“だいふくちゃ”と読みたいところですが、これは“おおぶく(ふく)ちゃ”と読みます。
「大福茶」はお茶の種類を言い表すものではなく、煎茶(緑茶)に梅干しと結び昆布が入った縁起茶のことをさします。梅干しには「しわが寄るまで」という長寿の願いを、そして結び昆布には「睦みよろこぶ」と語呂を合わせて、縁起をかついでいるのです。

はじまりは、なんと平安時代!

大福茶のはじまりは平安時代にまでさかのぼります。都で疫病が流行し、多くの人が亡くなっていく中、空也上人(平安中期の僧。念仏を唱える口から6体の阿弥陀様が現れたという言い伝えを現した彫像でも有名!)がお茶に梅干しと昆布を人々に飲ませたところ、たちまち疫病が鎮まったと伝えられています。ときの村上天皇がこれにあやかり、毎年元日にこのお茶を必ず服するようになりました。その呼び名が「皇服茶」。時代の移り変わりとともにこの行事が庶民にも広がり、いつしか縁起の良い「大福茶」に。とっておきのお茶で新年を祝福するという今の私たちの習慣も、この出来事がきっかけとなっているそうです。

「若水」で淹れるお茶

大福茶は、地方によって異なった飲み方があります。たとえば、梅干しとお砂糖をお茶に入れて飲んだり、大根、梅干し、吊るし柿、昆布等をお茶と別に食べたり、と様々です。ただ、元日の朝一番に汲んだ若水を沸かし、その湯でお茶を淹れる点が共通のしきたり。若水には若返りの霊力があるという言い伝えがあります。また、平安の当時は薬として考えられていたお茶にはカテキン類が、梅にはクエン酸、昆布にはミネラルが含まれているので、とても健康的です。

新年の最初の一服「大福茶」。縁起の良いお水とおいしいお茶で、新しい年を心豊かに始めてみてはいかがでしょうか。

【簡単レシピ「正月のお茶」で大福茶を楽しむ】
◆大福茶のつくりかた
①湯呑み茶碗に梅干しと結び昆布を入れます。
②お茶を注ぎます(お好みにより、玄米茶やほうじ茶でもお楽しみいただけます)。
③正月のお茶に付属の金箔を浮かべてできあがり。
 →正月のお茶はこちらからお求めいただけます。
大福茶にいれるもの
ご家族で、一年の健康と幸せを願い、ゆっくりと味わいながら召し上がってください。


新着記事


おすすめ記事

コラムをもっと読む