静岡の日本茶、トクホ・健康茶の通販 佐藤園

お茶コラム

お歳暮ってどんなことなのでしょう

ご贈答シーン

お歳暮の語源は「歳(年)の暮れ」から来たもの。その昔、お正月に歳神様を迎えてお祝いするため、一族郎党の者が暮れに主家へ供物を持って行く習わしがあり、それが起源であるといわれています。また、江戸時代には分家から本家へ、弟子から師匠へ「一年のご挨拶をし、鏡餅を贈る」という風習があり、こうした習わしが転じたもの、それが「お歳暮」の由来ともされています。
一族が集い、お互いの無事を確認し合って、新たな一年を迎える─。「お歳暮」は、そんな人と人との触れ合いを大切に考えた習わしだったのでしょう。

時間に追われることの多い現代社会では、年末に遠く離れた家族とひとつのテーブルを囲んで食事したり、お世話になった方へ顔を見せたりすることはなかなか難しいのが現実です。だからこそ、「お歳暮」という形の、ご挨拶を兼ねた贈り物をすることで、自分が元気でいることを伝えたり、先様の無事を喜び合うことは、時代が移り変わっても大切にしたいものです。

そんな贈り主の気持ちを伝えるアイテムには、どなた様にも喜ばれる逸品を。ご家族のお好みや年齢構成なども考え「いつまでも健やかに」と健康を祈って贈ることもうれしい心配りですね。年末年始の食卓に役立つものなら、どなた様にもお喜びいただけることでしょう。

お歳暮を贈る時期は?

文香
季節のあいさつなので、贈る時期を守ることもマナーのひとつ。かつては、屋内外の煤や塵を払い、新年の準備を開始する「すす払い」の12月13日から20日までの間に贈るものとされていましたが、現在は前倒し傾向にあり、11月末頃から贈ることも珍しくはありません。

地方によって少しずつ違いはありますが、12月初旬〜13日頃から年内いっぱいまでが贈る時期に相当します。ただ、先様のご事情もふまえ、年越しの準備で忙しくなる20日以降は、やはり避けた方が無難といえます。

贈り主を輝かせる、気配り上手な贈り方

風呂敷に花を添えて

お歳暮のお品自体は購入先から宅配便で直接配送してもらことも一般的ですが、直接、先様の元へご挨拶にお伺いするのなら、贈り物を風呂敷に包み、季節の花や文を添えてお持ちするのも素敵。日本人らしい細やかな心づかいは、季節感も楽しめて、贈り主のまごころと魅力がさらに伝わります。

また、風呂敷は結び目のない「たとう包み」が最も礼儀正しい上品な包み方ですが、気の置けない方の元へは、「花びら包み」でお持ちするのも、それだけで華やかな装いになりますよ。

花びら包み
(1)二枚の風呂敷を下が表になるように重ね、中央に箱を置きます。
(2)Bとb、Dとdを持ち、箱の中央で真結びします。同様にAとa、Cとcを持ち。箱の中央で真結びします。
(3)結んだ風呂敷の先を広げながら、花びらの形に整えていくと、できあがり。

風呂敷を花びら包みに包む


新着記事


おすすめ記事

コラムをもっと読む