静岡の日本茶、トクホ・健康茶の通販 佐藤園

お茶コラム

湯のみの“浅い・深い”の意味は?

湯のみの深い、浅いは、温度のことが関係しています。
浅い形の湯のみは、飲み口も広がっていてほどよく温度が逃げていきます。筒型の深い形の湯のみは、逆に温度が逃げづらくなります。
例えば、湯冷ましをかけて入れる玉露や煎茶などは、浅い形の湯のみを使います。
また、茶托(ちゃたく)に乗せたときに、筒状の湯のみでは不安定ですので、来客などのおもてなし用にも、浅い形の湯のみを使います。
一方、ほうじ茶や玄米茶などアツアツで飲みたいお茶は、温度が逃げづらい筒型の深い形の湯のみが適しています。熱湯でいれるお茶には、持ったときに熱くないように磁器ものよりも陶器製(土もの)の、厚手の湯のみがおすすめです。
それ以外にも、お茶の色がきれいに見えるよう、湯のみは白い器がよいかもしれませんね。

器の高台の“高い・低い”とは?

yunomi_002

高台とは、湯のみの底部分についている台のことです。

高台がない湯のみは、テーブルに置いたときに安定感に欠け、倒してしまう可能性もあります。また、お茶はお湯でいれるため、当然、湯のみの底が熱くなります。高台があると熱が伝わりにくくなるので、湯のみの底に手を添えて飲むことができるのです。
お茶碗でのごはんやお味噌汁もそうですが、日本は食事の時に器を持つ文化があります。そこで、滑らずに、底の熱さが手に伝わらずにお茶碗を持てるようにする役割もあります。

そんな意味から考えると、お客様にお出しする湯のみは高台がついたもののほうが“思いやり”があるのかもしれませんね。

シチュエーションで考える

一般的には、玉露は小ぶりの湯のみ、かぶせ茶や煎茶は浅型の煎茶椀、ほうじ茶や玄米茶、番茶、粉茶は筒状の大き目の湯のみ、となります。
お客様にお出しする時も、この一般的なルールにのっとったほうが相手に失礼がないかと思いますが、日常でお茶を飲むときには、シチュエーションによってもっとアレンジしてみても良いのではないでしょうか。

例えば、オフィスで飲むとき。
PC作業をしながらなど時間をかけながら飲むのであれば、煎茶であっても冷めにくい筒型の深い湯のみがよいかもしれません。

例えば、小さなお子様にほうじ茶を飲ませてあげるとき。
ほうじ茶であってもぬるめにしてあげて、熱が逃げやすい浅型の湯のみがよいかもしれません。

香りや味の印象は、湯のみによって変わります。
適した大きさや形、素材の湯のみを選んでお茶を楽しんでみてくださいね。

profile_nagae
ライタープロフィール
市川雅恵さん / 日本茶インストラクター(認定番号07-1773)

「日本茶を難しくしない」をモットーに初心者の方にもわかりやすく、基礎知識から日本茶の楽しみ方までさまざまな情報をご紹介します。

新着記事


おすすめ記事

コラムをもっと読む