静岡の日本茶、トクホ・健康茶の通販 佐藤園

お届けしたいのは「おいしさと安心」

佐藤園は、お茶のおいしさはもちろん、安全性についても、厳しいチェックを行い、納得のいく商品だけをお届けしています。 いつ、どこで、だれが、どのようにして育てた茶葉なのかをお答えできる「トレーサビリティ(生産履歴管理)」体制を確立し、さらに2003年よりISO9001(商品・サービスの品質マネジメントシステムの国際規格)を認証取得しています。 また、衛生管理設備を備えた最新の製茶工場で仕上げ、さらに「食薬研究所」では品質を数値化し、しっかり管理。いつでも安心・安全なおいしさをお届けします。

img

佐藤園のお茶は全品、放射能検査を実施し「検出されない」ことを確認しお届けしております。
弊社では、下記の検査体制で放射能検査を実施し、国の暫定規制値より、さらに厳しい基準で「検出されない」ことを確認したうえで、お届けさせていただきます。どうぞ、ご安心くださいませ。 佐藤園 食薬研究所品質保証部

佐藤園のお茶ができるまで

img
  • 肥培管理

    毎年7~8回、有機質肥料を与え、地中の生き物たちの住む良質な土を育てています。
  • 土壌検査

    年3回、畑の土に含まれる養分の豊かさ、割合などを調べます。
  • 防除

    低農薬、減農薬を徹底し、茶樹自体に耐力をつけて害虫などから守ります。
  • 整枝(台刈り)

    茶樹が若返るように葉や枝を刈り取ったり、木の表面をそろえて葉を落とします。
  • 摘採

    新芽の最盛期は短期間です。最高のタイミングを見極めて丁寧に収穫します。
  • 生葉

    img
  • 【検査1】放射能検査 / 残留農薬検査

    img
  • 荒茶

    自社荒茶工場
    処理能力:生葉50,000kg/日 佐藤園清流会が収穫した新鮮な生葉を自社工場で製茶します。
    img
  • 【検査2】放射能検査 / 残留農薬検査

    flow02_041
  • 【検査3】成分分析

    img
  • 仕上げ加工

    自社仕上工場
    処理能力:仕上げ茶生産 2,500kg/日
    img
  • 火入れ

  • 【検査4】官能検査

    DSC02589
  • 【検査5】生菌検査

    flow02_08
  • 異物除去

    img
  • 【検査6】金属探知機

  • 袋詰め

    img
  • 【検査7】放射能検査 / 残留農薬検査

    img
  • 製品完成

    flow02_12

佐藤園の安心・安全への取り組み

img_kensa

放射能検査「佐藤園 食薬研究所」にて
放射能検査機器で即日、自主検査を実施

佐藤園では「食品放射能測定システム」および「空間線量測定装置」を導入し、 “毎日”全てのロットを”自社で”厳しく検査しています。

放射能検査の流れ

  • img_check011.お茶を専用容器に入れます。
  • img_check022.検査機器に入れ、密閉し外部環境からの放射線を遮断します。
  • img_check033.専用のモニタで安全性を確認します。

放射能検査機器

  • img
    放射能濃度測定用
    「NaI(TI) シンチレーションスペクトロメーター」文部科学省の「放射能測定シリーズNo.6 NaI(TI)シンチレーションスペクトロメーター機器分析法」に対応しています。 原料と製品を2重に検査し、安全性を確認しています。
  • img
    空間線量用
    「NaI(TI) シンチレーションサーベイメーター」 厚生労働省の「緊急時における食品の放射能測定マニュアル」に対応しています。 茶園や工場内の空間放射線量についても計測を行い、異常がないことを確認しています。